みなさんは、ファブリックパネルをDIYでしてみようと思いませんか? 最近、DIYブームもあって、簡単な家具、棚などは手作りされる人も多いですよね。 手作りのいいところは、自分の家のぴったりサイズのものができること、限られた空間を100%無駄なく使うことができるのです。

あと、自分の好みのものができていく楽しさは、買ったものでは味わえないのです。 なかでも、ファブリックパネルは、簡単に女性でもできるので、おすすめできるのです。 そもそも「ファブリックパネル」とは、木枠と合板で作ったパネルに好みの柄物のインテリアファブリック(生地)を貼り付けて、壁に飾るインテリアアイテムのことです。

北欧でよくされていたみたいで、素朴であたたかみのある北欧家具との相性も抜群なのです。 北欧インテリアをとりあげた雑誌では、北欧家具のお部屋に花が咲いたように、ファブリックパネルが飾られているのです。 ファブリックパネルは、誰でも簡単に作ることが可能です。 パネルに生地をガンタッカーでぴったりと裏で固定すれば、できあがり!!

ガンタッカー(ハンドタッカー)はひとつ、家にあると、とても便利なアイテムですよ。 北欧の生地は、とてもかわいく、おしゃれなものがとても多く人気なのです。 人気の北欧デザインのテキスタイルブランド「マリメッコ」は、フィンランドのおおらかな自然が投影されたデザインがとても人気で、大胆かつ温かみのあるパターンや色使いは、一気に北欧テイストのお部屋に変身させてくれるのです。

関連ページ